冬にバイクに乗るなら防寒対策は必須になってきますが、それでも特に寒いのが「手」ですよね。もちろん冬仕様のグローブは温かいのですが、厚手に作られているのでタッチ感が大きく変わってしまいます。でもこれならその心配はないんですよ。

DOPPEL GANGER
MOTORCYCLE OVER GLOVES

※インナーグローブは付属しません

価格:オープン価格
カラー:ブラック
サイズ:フリー

普段使っているグローブの上から被せるグローブ。ただ単に重ねただけではなく、生地にウェットスーツ素材を用いているため、内部の熱は逃さず外部からの風は通さない設計になっています。使用時に厚手になってしまわぬよう薄手設計されています。

重ねるだけじゃない生地のヒミツ

画像1: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

2.5mmクロロプレン
長時間のライディング時の付け心地・防寒性能を考慮し、2.5mm厚をセレクト。

画像2: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

クロロプレンとは?
クロロプレン(合成ゴム)は微小な独立気泡を含んでいるため、空気や水を通しにくく外気との遮断性に優れています。

使いやすさを考慮した4つのポイント

画像3: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

人差し指部分は指先だけ露出できるので全て脱ぐ必要はありません。操作時も手の甲側に折りたためば面ファスナーで一時的に止めておくことができるのも嬉しい気遣い。

画像4: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

指先ポケット部分には、高グリップ力・高強度の合成皮革を採用。

画像5: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

装着時に便利なループを2箇所に設けているのでスムーズ。これがあると無いとじゃ結構違いますよね。

画像6: 分厚いグローブにサヨナラ。いつものグローブ感覚なのに温かい秘密とは

手のひら部分は覆われていないため、普段使いのグローブに近いフィーリングを実現しています。これなら薄手のモトクロスグローブとも相性いいかも。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.