胸部プロテクターのないこちらのプロテクター、一見危険そうにも見えますが、実は動きやすさと涼しさを考慮して設計されたトライアルにオススメな逸品なんです。トライアルをするなら、より動きやすく、涼しい専用の物を選んでみませんか?

S3
バックプロテクター

価格:¥14,000(税抜)
サイズ:KS、KM、KL、S、M-L、X-2XLL、3XL-4XL
規格:CEレベル1

動きやすさを求めたバックプロテクター。快適な着心地を考慮して高通気性素材を採用しており、ベストタイプなので着脱もジッパーを止めるだけ。前面部のプロテクターが無いため大きなボディアクションをした時も動きやすく、熱がこもりにくく暑いのも緩和されるんです。
トライアルはエンデューロやモトクロスと違い低速で走ることが多いスポーツ。そのため走行風をあまり受けることができず、夏などは胸部にもプロテクターがあると暑さに体力を奪われてしまうそう。また、レースと違い前走者がいないので飛び石などの危険がありません。

プロテクターは衝撃エネルギーを吸収・拡散するように設計されています。洗濯時にはパッドが取り外せる点もグッドですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.