ウインカーは、オフロードの転倒時に最初に破損しやすいパーツ。車体からはみ出さないように埋め込んでみたり、小さいものを選んだりと工夫を凝らしますよね。でもキジマから出ているコレは、コアなトレールユーザーにとってのファイナルアンサーかもしれませんよ。

キジマ
NANOウインカー

画像1: 超小型ウインカーで、転倒→割れ知らず。法規も通ってます
画像2: 超小型ウインカーで、転倒→割れ知らず。法規も通ってます

価格:¥12,000(税抜)
本体サイズ:9.8×9.8×14.2(mm)
入り数:2個
消費電力:12V1.5W
備考:ECE認証取得済
※取り付けは車両によっては加工が必要になる場合があります

なんといっても驚きなのはそのサイズ。マイクロSDと比べてみればそのサイズ感が実感できますね。これだけ小さいと発光が弱いんじゃ…とか、小さすぎて違反じゃないの? と思う方もいると思いますが、そこはさすがのキジマ。本体は小さくてもLED採用で明るさもバッチリ、ECE認証を取得しているので違反にもなりません。

画像1: キジマ NANOウインカー

装着イメージはこんな感じ。ウインカー自体も小さくて見立たないのでスマートな見た目もいいですよね。

画像2: キジマ NANOウインカー

フロントは装着はここ。小さすぎてウインカーどこ? と探してしまうほど。※取り付けには別売りの専用ステーが必要になります。

KIJIMA
NANOテールランプ

画像: KIJIMA NANOテールランプ

価格:¥6,500(税抜)
本体サイズ:9.8×9.8×14.2(mm)
消費電力:12V 0.2W(尾灯)/0.9W(制動灯)
備考:ECE認証取得済
※装着状態により車検に通らない場合もあります

画像3: 超小型ウインカーで、転倒→割れ知らず。法規も通ってます
画像4: 超小型ウインカーで、転倒→割れ知らず。法規も通ってます

ウインカーに合わせて使いたい極小サイズのテールランプ。小さいながらもLEDを採用しているのでしっかり光分けもされています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.