アズテック(GET JAPAN)から、SAKURA Racing EXHAUST Yamaha YZ250F と専用のGET ECUが発売。昨年までも、この組み合わせは全日本などのハイエンドなレースを舞台に信頼されてきたが、2021モデルではさらなる進化を遂げたという。

GET Japan
SAKURA Racing EXHAUST Yamaha YZ250F

画像: GET Japan SAKURA Racing EXHAUST Yamaha YZ250F

価格:¥130,000(税抜)
重量:2.65kg(純正:約4kg)
※受注生産品のため納期は1〜1.5ヶ月ほど必要

GET RX1-PRO ECUとの最適化をはかり、国内レギュレーションに合わせたサクラ工業製レーシングマフラー。メインボディにはチタン、高熱部にはsuper-TIX(耐熱チタン)を使用することで高耐久性を確保。ウール交換、リペア等も対応にも対応しており、各部品単体でも購入可能。

GET Japan
RX1-PRO ECU(サクラエキゾーストマップ仕様)

価格:¥160,000(税抜)
キット内容:ECU本体、マップ切り替えスイッチ、Wifi-COM
マップ1:サクラエキゾースト用マップ
マップ2:サクラエキゾースト用マップ+GPA5(トラクションコントロールナンバー5インストール)
※受注生産品のため納期は1〜1.5ヶ月ほどかかるとのこと

Wifi-COM(スマートフォンセッティングツール)の4つの機能

1.燃料調整・点火時期セッティング
2.レブリミット変更(+50rpm刻みで+500rpmまで)
3.0TPSの設定(TPS信号の校正)
4.診断機能:オートバイのECUを経由するセンサー類の異常確認
5.ECUの使用時間を使用しメンテナンスノート機能

WiFi-comは、スマートフォンやタブレットで燃料/点火/回転数の変更、TPS(アクセル開度)とRPM(回転数)が5x6マスで調整できる様になり、セッティング初心者でも簡単に調整できる。専用マップだけでなく、コンディションに合わせてFACTRY MAPSの使用も可能。(FLAT・HARD-PACK・SANDY・SNAPPY・SOFT・WET)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.