すぐサッと小物を出すための手元に小さいバッグって便利ですよね。欲を言えばそこにスマートフォンやドリンクホルダーも付けて、全てすぐ手が届く距離に置いてしまいたい…。そんな理想を形にしたようなバッグがツアラテックから登場しました。
画像1: ツーリング、街乗りに。CT125ハンターカブ専用ハンドルバーバッグ

ツアラテックジャパン
防水インテグラルバッグ CT125オンリーbyトラベルテック
価格:¥12,700(税抜)
容量:3L

ハンターカブライダーがハンターカブのために作った専用設計ハンドルバーバッグ。容量は3Lなので財布やケータイといった小物を収納するにはベストサイズ。もちろんペットボトルも余裕で入ります。ベルクロでしっかり取り付けされ、ハンドルバー中央部の隙間を完全に埋める形状なので、防風効果やシート周りへの雨の進入も軽減してくれます。

使いやすさにこだわった作り

画像2: ツーリング、街乗りに。CT125ハンターカブ専用ハンドルバーバッグ

メインポケットは開口部が大きく、内側は内容物を確認しやすいように黄色をチョイス。グローブをしたままでも操作しやすいように止水ファスナーにはストラップを装備。

画像3: ツーリング、街乗りに。CT125ハンターカブ専用ハンドルバーバッグ

長期間使うことを考慮し、外装には耐久性と防水性を兼ね備えるコーデュラ素材を採用。便利なサブポケットもついています。

フラップ部分にはスマートフォン入れを装備。大型のiphone12Pro MAXも入る大きめ設計なのもグッド。

画像5: ツーリング、街乗りに。CT125ハンターカブ専用ハンドルバーバッグ

充電しながら使う事を考え、充電ケーブル用の穴も確保されています。細かい所までこだわっているのが伝わりますね。

画像1: 使いやすさにこだわった作り

スマートホン入れの裏側はクリアウィンドウになっているので、そのままナビとして使用できます。もちろんこのままタッチ操作可能ですよ。

画像2: 使いやすさにこだわった作り

ハンドルバーと一体化するようなデザインになっているので後付け感ナシ。まるで純正品をつけているかのようなルックスです。

ツアラテックジャパン

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.