空気を利用するアウトドア用品は、荷物を収縮し小さく持ち運べて便利ですよね。ただ、空気を入れる時や抜くための用具が幅を取る...フレックステールの空気入れなら、幅を取ることもなく、1つで空気入れも空気抜きも完結。さらにランタンとしても使えちゃうんです。こちら、クラウドファンディングでは1900万円もの調達を実現! 注目度も高いですよ!!
画像1: 空気入れ、空気抜き、ランタン。3つの顔を持つ極小アイテム

FLEXTAILGEAR
Tiny Pump X
¥5,587
サイズ:43×43×53mm
カラー:ホワイト、グレー、ブルー
バッテリー容量:1300mAh

画像2: 空気入れ、空気抜き、ランタン。3つの顔を持つ極小アイテム

写真を見るとわかるように、そのサイズは手よりも小さいミニマムサイズ! バッグにつけることも、ポッケに入れておくことも可能で持ち運びに便利です。

画像3: 空気入れ、空気抜き、ランタン。3つの顔を持つ極小アイテム

Tiny Pump Xは3つの顔を持っており、1つ目の顔は空気入れ。空気を入れる圧力は3.5kpaで、1分間で180リットルの空気を入れるパワフルさ。さらに、5種類のノズルによってエアクッションやベッド、衣類の圧縮袋など、空気を利用する様々な製品に対応してくれます。加えて、空気抜きの顔も。空気を抜く圧力は3kpaで、膨らましたものを手軽に片付けることができます。さすがにタイヤ用のアタッチメントはついていないようですが…。

画像4: 空気入れ、空気抜き、ランタン。3つの顔を持つ極小アイテム

3つ目の顔はランタン。空気入れの片面にLEDライトが8つ埋め込まれ、キャンプ時や夜道を歩く際に活躍してくれます。ライトの明るさは3段階。40ルーメン、160ルーメン、400ルーメンと切り替えられます。

画像5: 空気入れ、空気抜き、ランタン。3つの顔を持つ極小アイテム

電源は内蔵された1300mAhのポリマーリチウム電池。乾電池やコンセントを必要としないのも使いやすいポイントです。フル充電1回につき、空気入れの場合キャンプマットを10枚、空気抜きの場合は50×70cmの衣類用圧縮袋を20枚、ランタンとしては10時間照らしてくれます。

単体での販売はもちろん、真空バッグやエアーピローのセットも。この小ささと多機能性、パドックのお供として1台持っておきたいですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.