キッズライダー育成の機会を増やすべく、小島庸平がダートフリークと手を組み始動させた「44KIDSCROSS」が開幕! モトクロスを楽しみ、ライバル同士で切磋琢磨するキッズライダーからは中部から海外へ羽ばたくことも夢では無いと感じられます。

2022年3月13日(日)、キッズクロス第1戦がスラムパーク瀬戸にて開催されました。天候に恵まれベストコンディションとなった今大会、エントリー台数は計63台と多くのキッズライダーが集まりました。会場に着くとすでにウエアに着替えて走り回っているキッズ達。会場はレースの緊張感がありつつも、どこかアットホームな雰囲気に包まれていました。

画像: ライダースミーティングの様子

ライダースミーティングの様子

今大会の開催クラスは大きく分けて3つ。年齢上限の無いピットバイク、年齢上限のある50cc、そして電動バイクのみのクラス。スラムパークのピットバイクコースを使っていることもあり、走行台数は最大5台。レースはトーナメント式ということで、勝っても負けてもライダーは2回走ることができる内容に。ライダーにとっては走るチャンスが多く、「たくさん走れて楽しい」という声も多く上がっていました。各クラス午前と午後に1トーナメントずつ、計2トーナメントのレースで順位を競うフォーマットです。

ライダー同士がバトルで魅せた、ピットバイククラス

レースはピットバイククラスからスタート。ピットバイククラスは50ccと110ccの2つがあり、年齢上限が無いためキッズのみならず大人ライダーもミニバイクで参戦。大人ライダーとキッズライダーのバトルで会場は大きく盛り上がりました。

画像1: ライダー同士がバトルで魅せた、ピットバイククラス

ピットバイク50クラスに参戦した大人ライダーは体格の大きさを上手く使ったアグレッシブな走りで観客を魅了。バトル中、攻めすぎて転倒するシーンも見られたものの、笑いに変えて会場を盛り上げました。

画像: 松本剛(#55)

松本剛(#55)

様々な参加者がいる中、他を寄せ付けない走りで一際注目を浴びたのが松本剛(#55)。スムーズなライディングと確立されたフォームで全てのセクションを難なく乗りこなし、周りと3〜5秒差を付けてゴール。総合順位は1位松本剛(#55)、2位前田望(#178)、3位水谷倫都(#95)と、キッズの速さを見せつけるレースとなりました。

画像2: ライダー同士がバトルで魅せた、ピットバイククラス

ピットバイク110クラスには大人ライダーの参加が多く目立ちましたが、大人ライダーの勢いに負けじとキッズ達も速さを見せました。容赦なく攻める大人とその攻めをかわしながら順位を争うキッズのバトルに、観客の親達は子供の応援に熱が入る場面も。

画像: マイカルチャンプ(#113)

マイカルチャンプ(#113)

1位を飾ったのはマイカルチャンプ。圧倒的な技術力を魅せながらコーナリング中に手を振るシーンもあり、速さと余裕を兼ね備えたライディングで会場を盛り上げました。順位は1位からマイカルチャンプ(#113)、前田望(#178)、コウタ(#915)。キッズと大人は競う機会が少ないからこそ、ピットバイククラスでは大人達の走りに刺激を受けたキッズライダーも多いでしょう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.