バイクでキャンプに行く際に特に気になるのは、積載性と収納感。そんな気持ちがわかるキャンプ好きのバイク乗りが開発したツーリング用ソロテント。初心者でも簡単に設営がすることができ、安心してソロキャンに持って行けます。
画像1: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント
画像2: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

見て欲しいのがこのコンパクト感。ツーリング用テントというだけあってこんなにも小さく収納することができます。この様にパニアケースに入れるもヨシ、大きめのバッグに入れてもヨシなサイズ感。

画像3: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント
画像4: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

ベッドで例えるとダブルサイズに近く、1人だと広々と贅沢に、大人1人子供1でも問題なく寝ることができます。天井部分が広くなるポール形状により、圧迫感を感じることなく広々とした快適空間で過ごせます。

画像5: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント
画像6: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

内装の天井にはライトを引っ掛けられるフックがあり、天井が高いのでライトを吊るしても邪魔になることもありません。側面には収納ポケットもあるので小物を入れておくことができます。

画像7: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント
画像8: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

あると嬉しい前室と後室。前室はイスやテーブルを置いて調理も可能で後室はちょっとした荷物置き場になります。

画像9: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント
画像10: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

耐水性の高いグランドシートが付属、テントの側面が直接地面に触れて汚れる心配もなく底冷え対策にもなります。キャノピーを跳ね上げることにより雨や日差しも防ぐことができます。※キャノピーポールは付属しません。

画像11: ツーリングキャンパー向け、初心者でも簡単設営の入門テント

DAYTONA
ドームルーム
¥31,900(税込)
●素材
テントフライ:ナイロン72デニール×ウレタン・コーティング
インナー:ナイロン35デニール
フロア:ナイロン72デニール×ウレタン・コーティング
ポール:A7071アルミ合金Φ9.0mm
●耐水圧:3000mm
●張り綱:φ4.0mm(6本)
●ペグ:アルミ合金(15本)
●収納サイズ:435×180mm
●重量:3.9kg(付属部品を含む)
●対応シーズン:春〜秋
カラー:グレー
構成品:テントフライ、インナー、ポール×2本、グランドシート、張り網6本、アルミペグ15本
¥31,900(税込)

その他キャンプ用品も色々出してます。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.