前日の大雨により予選と決勝ともにマディコンディションとなった全日本モトクロス選手権第3戦。今大会の結果をレポート

D.I.D全日本モトクロス選手権第3戦 SUGO大会
日時:2022年7月16日(土)〜17日(日)
場所:スポーツランドSUGO(宮城)

大城魁之輔が初優勝を果たしたIA1クラス

2022年7月16日(土)〜17日(日)、宮城県にあるスポーツランドSUGOにて全日本モトクロス選手権第3戦 SUGO大会が開催された。前日は県内に警報が出るほどの大雨が降り、土曜日は水分量の多いマディコンディション。予選は大坂やヨーロピアンセクション、KYBジャンプやルンバルンバもカットした超ショートカットコースで行われた。なお、レディースクラスは土曜日の予選がキャンセル。決勝日の公式練習がタイムアタック形式の予選となった。

一方、日曜日は路面の水分量が減り、重くまとわりつくようなマディコンディションに。午後には路面が固まり乾いた部分も見られた。IAクラスはフルコース、IBクラスは大坂以外含んだレイアウト、レディースクラスと2st125ccクラスは予選日と同じ超ショートカットコースで決勝が行われた。マディコンディションかつ、わだちによってラインが絞られた抜きどころの少ないコースのため、スタートで前に出ることが上位に入る決め手に。

画像: 大城魁之輔が初優勝を果たしたIA1クラス

今大会決勝を3ヒート制で行う予定だったIA1クラスは、マディコンディションの影響により2ヒート制に変更。さらにレース時間が5分短縮され25分+1周のレースとなった。

ヒート1は、予選をトップ通過した富田俊樹がホールショットを獲得しレースを先行。町田旺郷、渡辺祐介、大城魁之輔が等間隔で富田の後ろにつく展開となった。後半、渡辺と大城が徐々に差を詰めていき、渡辺が町田をパス。さらに、4番手にいた大城も3番手に浮上すると、渡辺と接近戦を展開した。結局、富田がスタートから逃げ切って優勝。接戦を制した渡辺が2位、大城が3位という結果になった。

ヒート2ではホールショットを決めた大城が前に出ると、富田、小方誠、能塚智寛という順で続いていく。富田は1周目で足をつらせてしまい、後半は体力がかなり削られていたという。小方をパスして3番手に上がった能塚は富田のペースダウンを見逃さずに攻めていき、残り1分半というところで2番手に浮上。結果は大城/能塚/富田という順でフィニッシュ。大城はIA2クラスからIA1クラスにステップアップ後初めての優勝を獲得し、総合優勝も果たした。

大城魁之輔コメント

「ようやく勝つことができました。嬉しい気持ちでいっぱいです。実際今回のレースも後ろのライダーの方がペースは速いという自覚はあったんですけど気持ちで負けちゃダメだなと、どうにか勝ってやろうと思って乗り切りました」

ジェイ・ウィルソンが連勝記録を伸ばす、IA2クラス

画像: ジェイ・ウィルソンが連勝記録を伸ばす、IA2クラス

IA2クラスもフルコースで行われ、レース時間が5分短縮した25分+1周となった。ヒート1はジェイ・ウィルソンがスタートから先行。続いて柳瀬大河、西條悠人がウィルソンを追いかけた。西條が柳瀬に迫ると、5周目に柳瀬が転倒。これにより西條が2番手に浮上。一時3番手に神田橋瞭が浮上するも、柳瀬はすぐに再スタートし3番手に。結果は、独走状態となったウィルソン/西條/柳瀬という順位になった。

ヒート2ではウィルソンがスタートで出遅れ、追い上げの展開に。好スタートを決めた真野凌輔、鳥谷部晃太、ウィルソンという順でレースが進んでいく。ウィルソンは着実に前との差を縮めていき、2周目には2番手に浮上。3周目には真野をパスし、トップに浮上した。ウィルソンはそのまま後方を離し、見事7連勝と連勝記録を伸ばした。2位は鳥谷部、3位にはスタートから4番手につけていた柳瀬が真野をパスして表彰台を獲得。

ジェイ・ウィルソンコメント

「7連勝するとは思っていなかったので嬉しいです。今回のためにスタートのテクニックを少し変えてきました。予選とヒート1では上手くいきましたがヒート2はまあまあのスタート。しかし、どのスタートでもトップ5に入ることができてよかったです。次の大会までまた間が開くので、勝利に向けて練習を重ねていきます」

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.