2023年モデルのYZシリーズが北米でリリース。クロスカントリーシリーズであるFX、Xも同時に発表されており、2ストロークのYZ125X・YZ250Xはフルモデルチェンジされた
画像1: YZ125X・YZ250Xがフルモデルチェンジ。125Xは3DマッピングでよりXC向けのキャラクターへ最適化

YAMAHA
YZ125X 2023

ハイライト
・2022 YZ125で新型になったエンジンを搭載
・PWK38+スロットルポジションセンサー
・ブレーキをアップデート
・サスペンションをリセッティング
・2022 YZ125を踏襲する新外装

編集長稲垣のひとこと
昨年の2022年モデルで17年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたYZ125を追う形で、YZ125Xもオールニューに。フレームやエンジンなど主立ったコンポーネントは2022YZ125を踏襲しているが、GNCC向けにセッティングされたというCDIはスロットルポジションセンサーを得たPWKを搭載したことで、旧型よりもさらに大きくXC向けにセットアップされていることが推測される。また、元々YZ125Xは日本向けのマシンだったが北米からの要請で現地販売されるようになった経緯がある。後日日本向けに出てくるであろう仕様は、GNCCよりもJNCCへ向けたものになっているハズ!

新作のエンジンはクロスカントリー向けの性格に

画像1: 新作のエンジンはクロスカントリー向けの性格に

すでに2022モデルのYZ125で好評を得ているエンジンは、シリンダー、ヘッド、ピストン、ケースなどすべてを旧モデルからアップデートした新作。リリースにおいても「GNCC向け」と明記されるほどクロスカントリーを意識しており、電子制御の排気デバイスであるYPVS、CDIユニットのセットアップで広いパワーバンド、使いやすいパワーデリバリーを実現する。

エアインテークの変更も2022YZ125と同様で、ストレート吸気化とより効率を向上させたもの。スロットルポジションセンサー付きのPWK38とあいまって優れたスロットルレスポンスやオーバーレブ性能に寄与。

画像2: 新作のエンジンはクロスカントリー向けの性格に

YAMAHA
YZ250X 2023

YZ250Xも125と同様に、2022モデルのYZ250におけるフルモデルチェンジを踏襲する。GNCC向けにYPVSをセッティングしなおしてクロスカントリーに最適化。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.