2018年の全日本モトクロス選手権とモトクロス世界選手権(MXGP)のファクトリー参戦を休止することを発表したスズキ。
2015年には全日本モトクロス選手権の最高峰IA1クラスでチャンピオンを獲得し、2017年までファクトリーライダーを努めた小島庸平選手も来年度の現役続行は表明していますが、所属チームや新たな体制は未だ発表となっていません。
市販レーサーRM-Z450及びRM-Z250の開発、販売はこれまで通り継続していくとのことですが、ファクトリーマシンを見ることができなくなるのは淋しいですね。
Off1.jpでも全日本モトクロス選手権の舞台で活躍を注目してきた、スズキのファクトリーマシンRM-Z450WSを振り返ってみたいと思います。

SUZUKI RM-Z450WS(2017)

画像: SUZUKI RM-Z450WS(2017)

■エンジン形式:
水冷4ストローク 単気筒
■排気量:
449cm3
■最大出力:
not announced
■バルブ形式:
DOHC 4-バルブ
■燃料供給:
スズキ燃料噴射
■点火システム:
NGK / マーレージャパン
■データ計測システム:
GET
■潤滑システム:
セミドライサンプ
■クラッチ:
湿式多板 Hinson / スズキ
■トランスミッション:
not announced
■排気システム:
Akrapovic
■エアクリーナフィルター:
Twin Air
■駆動形式:
Chain DID
■フレーム形式:
アルミツインスパー
■フロントサスペンション:
KYB(#44) / SHOWA(#7)
■リアサスペンション:
KYB(#44) / SHOWA(#7)
■タイヤ:
Bridgestone
■フロントホイール:
21 inch
■リアホイール:
19 inch
■リム:
D.I.D
■フロントブレーキ:
NISSIN
■リアブレーキ:
NISSIN
■スプロケット・ハンドル・グリップ:
RENTHAL
■ドライブチェーン :
DID
■全長:
not announced
■全幅:
not announced
■全高:
not announced
■ホイールベース:
not announced
■車両重量:
not announced
■燃料タンク容量:
not announced
■潤滑オイル:
MOTUL

全日本モトクロス選手権で活躍したSUZUKI RM-Z450WS
2015年

画像: 2015年全日本モトクロス第3戦 #44小島庸平と#4熱田孝高のRM-Z450WS

2015年全日本モトクロス第3戦
#44小島庸平と#4熱田孝高のRM-Z450WS

画像: 2015年全日本モトクロス第3戦 #44小島庸平のRM-Z450WS 小島はこの年チャンピオンを獲得

2015年全日本モトクロス第3戦
#44小島庸平のRM-Z450WS 小島はこの年チャンピオンを獲得

画像: 2015年全日本モトクロス第9戦 ここまでのランキングトップの証のゴールドゼッケンで走る#4熱田孝高 熱田はこの年シリーズランキング2位となり、スズキファクトリーが1位、2位を占める

2015年全日本モトクロス第9戦
ここまでのランキングトップの証のゴールドゼッケンで走る#4熱田孝高
熱田はこの年シリーズランキング2位となり、スズキファクトリーが1位、2位を占める

2016年

画像: 2016年全日本モトクロス第2戦 チャンピオンゼッケンを付け快走する#1小島庸平

2016年全日本モトクロス第2戦
チャンピオンゼッケンを付け快走する#1小島庸平

画像: 2016年全日本モトクロス第2戦 前年度のランキング2位のゼッケンを付けて走る#2熱田孝高

2016年全日本モトクロス第2戦
前年度のランキング2位のゼッケンを付けて走る#2熱田孝高

画像: 2016年全日本モトクロス第2戦 #1小島庸平のRM-Z450WS

2016年全日本モトクロス第2戦
#1小島庸平のRM-Z450WS

画像: 2016年全日本モトクロス第2戦 #2熱田孝高のRM-Z450WS

2016年全日本モトクロス第2戦
#2熱田孝高のRM-Z450WS

画像: 2016年全日本モトクロス第2戦 この年のスズキファクトリーチームのピットにはゼッケン1とゼッケン2、2台のRM-Z450WSが誇らしげに並んだ 2016年のランキングは小島が3位、熱田は4位となり、熱田はこの年で現役を引退する

2016年全日本モトクロス第2戦
この年のスズキファクトリーチームのピットにはゼッケン1とゼッケン2、2台のRM-Z450WSが誇らしげに並んだ
2016年のランキングは小島が3位、熱田は4位となり、熱田はこの年で現役を引退する

2017年

画像: 2017年全日本モトクロス第2戦 再びマイナンバーの#44で出場の小島庸平 シーズン中にアキレス腱断裂の怪我を負うがシーズン後半には復帰しランキング10位を得る

2017年全日本モトクロス第2戦
再びマイナンバーの#44で出場の小島庸平
シーズン中にアキレス腱断裂の怪我を負うがシーズン後半には復帰しランキング10位を得る

画像: 2017年全日本モトクロス第2戦 2017年新たにスズキファクトリーチームに加わった#7深谷広一

2017年全日本モトクロス第2戦
2017年新たにスズキファクトリーチームに加わった#7深谷広一

画像: 2017年全日本モトクロス第8戦 #44小島庸平のRM-Z450WS

2017年全日本モトクロス第8戦
#44小島庸平のRM-Z450WS

画像: 2017年全日本モトクロス第8戦 #深谷広一のRM-Z450WS

2017年全日本モトクロス第8戦
#深谷広一のRM-Z450WS

近年では2015年に小島庸平の活躍でチャンピオンを獲得したスズキRM-Z450WS。ファクトリーマシンとしての輝きは市販車にはない憧れの対象です。再びスズキファクトリーチームが全日本モトクロス選手権に戻ってくることを願ってやみませんね。

※全日本モトクロス選手権 写真:原野英一郎

https://www.suzuki-racing.com/

接続できませんでした (タイムアウト)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.