休日は、バイクに乗りたい。でも、子供も遊ばせたい。いや、欲を言うなら一緒に乗りたい。

画像: いいもの「子供とバイクで冒険しよう、ヨツバモト」

というわけで遊んでみた。

ヨツバモトで「冒険にいこう」

うちの長男は臆病な5歳。バイクに興味はあるけど、エンジンがかかると振動や音が怖い。PW50を買っても、なかなか乗せるには難儀しそうだ。モトクロスのエリートライダー達は、みんな3歳からバイクに乗っていたとか言うけど、そもそも普通の家庭では3歳ではバイクに乗れないんだな、と思った。

画像1: ヨツバモトで「冒険にいこう」

群馬にあるヨツバモトに乗れる体験スペース、クロスラッツに連れて行ったりと、少しずつヨツバモトに慣らしていった。自転車には乗り始めていたので、すぐに乗れるようにはなった。

ヨツバモトで遊ばせて、3日目には砂利道の拡がるクローズドのフィールドで遊べるようになったので、僕はバイク、長男はヨツバモトに乗って、2kmくらいヨチヨチ走り回った。自転車や歩きだと疲れてしまうけど、ヨツバモトなら延々走り回っている。遠くにいける経験は、何にも代えがたい。

今も「パパ、今度冒険にいこう」としきりに誘ってくる。

画像2: ヨツバモトで「冒険にいこう」

大学生になってCRM50Rを買った時、とにかく道なき道をぐいぐい遊びに行けるのが楽しかった。ヨツバモトですでにそんな体験をしている長男に、少し嫉妬を覚えたくらいだ。

単に子供用の電動バイク、と考えては惜しい。電動になったことで、恐怖感をぬぐい、結果としてキッズバイクの概念を拡大している。

画像3: ヨツバモトで「冒険にいこう」

ヨツバモト
meow12

¥69,000(税別)

画像: 鍵で管理できるので安心。昔、道徳の時間に「勝手に兄のバイクに乗って公道に出ちゃった小学生がダンプに轢かれてしまった」話を聞いて以来、鍵の管理は入念にしている。

鍵で管理できるので安心。昔、道徳の時間に「勝手に兄のバイクに乗って公道に出ちゃった小学生がダンプに轢かれてしまった」話を聞いて以来、鍵の管理は入念にしている。

画像: グリップは子供が握りやすい太さに専用設計。

グリップは子供が握りやすい太さに専用設計。

画像: 16インチと12インチがラインナップ。うちは16インチ。

16インチと12インチがラインナップ。うちは16インチ。

体験は全日本モトクロス会場で

画像: 体験は全日本モトクロス会場で

2018全日本モトクロス選手権の会場において、ヨツバモト体験試乗会が実施(第3戦を除く)。きわめて好評です。

レースはJNCCで

画像: レースはJNCCで

2018年から、日本最大のクロスカントリーシリーズJNCCでは、前日土曜日にヨツバモトやキックバイクを対象にしたレース「FCX」を開催中。参加費は無料、我が家も6月10日のジョニエルGに参加しようと思っている。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.