煽り気味なタイトル、ごめんなさい…。

画像: エルズベルグロデオに挑戦するリッターバイク達

え、エルズベルグロデオのゼッケンが貼ってあるスポーツスター…。世界って馬鹿ばかりなの?

エルズベルグロデオは元々「直線番長祭り」なのだ

もちろん、このスポーツスターがエルズベルグロデオの本戦である「レッドブルヘアスクランブル」を走るわけではない。エルズベルグロデオは、元来、主宰のカール・カトーが「エルズベルグ鉱山でレースできたらおもしろいよね、やろうぜ」ってことではじめたレース。

エルズベルグ鉱山は、オーストリアでも有名な鉱山で、下から上までざっと1000m。超巨大なダンプが行き来できるほどのダートロードが頂上まで続いている。感覚的に言えば、東名高速くらいの幅があるところもある。しかもフラットなのだ。

画像1: エルズベルグロデオは元々「直線番長祭り」なのだ
画像2: エルズベルグロデオは元々「直線番長祭り」なのだ

世界中探しても、こんなに全開できる峠のダートはなかなかお目にかかれない。スピード自慢を集めようぜ、というのがそもそものコンセプトだったというわけ。

エルズベルグロデオは、この鉱山を駆け上がる「アイアンロード」と、ヒルクライム大会「ロケットライド」、そしてみんな大好きハードエンデューロ「レッドブル・ヘアスクランブル」で構成されている。媒体でエルズベルグを紹介してきた僕も、このアイアンロードを予選としか紹介してこなかったんだけど、実際にはほとんどのライダーにとって、お楽しみはこちらのアイアンロード。書類審査を通った1500名のライダーが順にタイムを計測するのだ。

そのうち、ヘアスクランブルに参加したい人は、このアイアンロードに参加してスタート順を勝ち取る必要がある。だから、予選とも呼ばれている。

格好良すぎるスーパーエンデューロ

というわけで…

画像1: 格好良すぎるスーパーエンデューロ

エルズベルグスペシャルな、スーパーエンデューロ(つまりDUKE改)!! 結構この手の重量級がうじゃうじゃいて、カッコイイ。

画像2: 格好良すぎるスーパーエンデューロ
画像3: 格好良すぎるスーパーエンデューロ
画像4: 格好良すぎるスーパーエンデューロ

180kgだそうですよ…。

画像5: 格好良すぎるスーパーエンデューロ

GSも、ゴリゴリなオフロードGSが勢揃いする。

しかし、伝説の男は、950エンデューロで本戦へ参戦している

現代のエンデューロにおいて、もっとも尊敬を集める男と言えば、たぶんジョバンニ・サラだと思う。近年では足を悪くしてしまったことや、歳もあってライディングには出てこないし、今はKTMからガスガスに切り替えているけれど、サラは950エンデューロでヘアスクランブルへ参加したことがある。元々、98年のエルズベルグロデオ優勝者であるサラは、950エンデューロのデビューにあわせてチャレンジ。最初のヒルクライムを4番手で駆け抜け、チェックポイント9まで到達した。当然だが、驚異的なことだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.