先週末のオフロードレースイベントの情報をまとめて読みたい、Off1ではそんな希望にお応えして「LAST WEEK information」と題してお届け。

AMAモトクロス2018開幕! 日本人2名のリザルトは?

昨年からアメリカに渡り、AMAモトクロスに挑戦している2016全日本モトクロスIA2チャンピオン富田俊樹(ホンダ)が450MXに、そして2017全日本モトクロスIA2チャンピオンの渡辺祐介(ヤマハ)も今年からAMAモトクロス250MXに参戦。

450MXではE・トマック(カワサキ)が1-1で制し、M・ムスキャン(KTM)が2-2、J・バーシア(ヤマハ)が3-3と1~3位は2ヒートとも変わらず。スーパークロスで年間チャンピオンを獲得したJ・アンダーソン(ハスクバーナ)は4位。富田俊樹は21-17で総合19位、4ポイントを獲得。

250MXはスーパークロスでチャンピオンを獲得したZ・オズボーンが1-1で優勝。初参戦の渡辺祐介は30-26で総合31位となった。

JNCC RD.4 ワイルドボア鈴蘭、小池田猛の勢い止まらず4連勝

日本最大級のクロスカントリーレースJNCCの第4戦が岐阜県鈴蘭高原スキー場で開催された。土曜日に雨予報が出ていたが、昼前には雨がやみ、太陽が顔を出した。最高峰クラスのCOMP-AA1クラスは鈴木健二がスタートで飛び出し、レースをリード。渡辺学が2周目にトップに立ち、チャンピオン小池田猛を抑えたが、4周目に小池田猛がパッシング。そのままリードを広げ今シーズン開幕4連勝を成し遂げた。

画像: JNCC RD.4 ワイルドボア鈴蘭、小池田猛の勢い止まらず4連勝

MXGP第8戦ドイツ ハーリングスが無双

画像: Photo by Ray Archer

Photo by Ray Archer

今年はJ・ハーリングスとA・カイローリのRed Bull KTM Factory Racing同士のチャンピオン争いが面白いMXGP。第8戦ドイツではハーリングスが1-1で総合優勝、ランキング2位のカイローリとのポイント差を48ptと広げた。

全日本スーパーモト ハスクバーナ新井がピンピン

広島県世羅グリーンパーク弘楽園で全日本スーパーモト第2戦が行われ、CP sports Husqvarna長野の新井誠が両ヒートともチャンピオン森田一輝を抑え優勝。全日本スーパーモト第3戦は6月10日、福島県エビスサーキットで開催される。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.