画像: 風間晋之介、18ダカールを戦ったWR450F Rally vol.2

ヤマハのWR450F Rallyは、あくまでWR450Fをベースとしたものだ。しかし、その随所にラリーモディファイが施されている。

スイングアームの延長および水タンク化

画像1: スイングアームの延長および水タンク化

足回りは、一切が変更されている。サスペンションはもちろんのこと、スイングアームも専用に特注したものだ。

画像2: スイングアームの延長および水タンク化

この部分を見ると、とてもわかりやすい。おおよそ20mmほど、スイングアームを延長した跡がみてとれる。もちろんこれは、安定性を確保する目的だ。

画像3: スイングアームの延長および水タンク化

スイングアームの長さが変われば、当然リンク比が変わってリア周りの動き自体が変化してしまう。この点を補うためのリンクアーム。

画像4: スイングアームの延長および水タンク化

そして、レギュレーション上、随時もっていなければいけない水は、スイングアーム内に納めておくのがダカールでの定番。当然あしまわりが重くなってしまうため、途中で捨ててしまうライダーも多く、この水タンクは抜き打ち検査にあうこともある。

画像5: スイングアームの延長および水タンク化

HAANウィールのハブは、肉抜きがされていないラリー用のもの。

画像6: スイングアームの延長および水タンク化

SCOTTSのステアリングダンパー、それにNEKENの加工されたステム周り。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.