昨年デビューした新型CRF250Rモデルに関し、本日づけで自主改善が発表。以下、プレスリリースより。

概要

不具合の内容

クラッチアウター形状とジャダースプリング熱処理が不適切なため、高いエンジン回転数で走行を繰り返した場合、クラッチアウターが高温になり、材料強度が低下することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、クラッチアウターが破損して異音が発生し、最悪の場合、破損した部品が原動機内のギヤ間に噛み込み、後輪がロックするおそれがあります。

改善の内容

クラッチアウターとジャダースプリングを対策品と交換します。

使用者に周知させるための措置

・ダイレクトメール等で使用者へ通知します。

対象範囲

車 名通称名対象車の車台番号の範囲
及び製作期間
対象車の台数
ホンダCRF250RME12-1000001~ME12-1000417
平成29年10月16日~平成30年4月19日
417
JH2ME1235JK003410~JH2ME1235JK003411
平成30年2月2日
2
(計1車種)(製作期間の全体の範囲)
平成29年10月16日~平成30年4月19日
(計419台)
  • ※対象車の製作期間は、ご購入の時期と異なります。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.