もう少し続く、弾丸ママの後日談。

このとおり、タイヤはダンロップAT81。もし可能なら、これをゴールまで持たせたい…そんな目論見もあった今回のラリー。

300kmでこれなら、2000kmオーバーの行程も、まぁ、不可能ではないのだろうか。そんなイメージで走り続けた増田まみである。

まさかこんなに残るとは…

というわけで、ここからは早送りで見てもらおう。

LEG1 300km走行後

画像1: まさかこんなに残るとは…

まずは既報済み。LEG1終了後。角が少しなくなったかな…程度。増田も「まるでグリップが変わった感じはしないですね」とのこと。SSは197km、ルートをあわせて300km程度の走行。

LEG2 700km走行後

画像2: まさかこんなに残るとは…

角は丸くなってきた感。

LEG3

画像3: まさかこんなに残るとは…

あまりかわらなくなってきた?

画像4: まさかこんなに残るとは…

ちなみに、このLEG3あたりからムースが柔らかくなってきたことで、むしろグリップフィーリングは向上したとのこと。

LEG4

画像5: まさかこんなに残るとは…

もはや、違いがわからない感。

LEG5

画像6: まさかこんなに残るとは…

汚くて申し訳なし。山は十分。

LEG6 2000kmオーバーを完走

画像7: まさかこんなに残るとは…
画像8: まさかこんなに残るとは…

フロントに関しては、言うまでもなし。

AT81は減らない。

増田まみ、および関係者スタッフもここまでタイヤが残るとは、まったく想像していなかった。ギリギリ走りきれるくらいかと思いきや、十分まだいけるレベルで山が残っている。

画像: AT81は減らない。

ラリーの場合、たとえばダカールの上位連中なら毎日交換。中位くらいなら2日に1度の交換をするのが普通。このアジアクロスカントリーラリーの場合は、おおよそ2日もしくは3日に1度交換することが多い。タイヤの選択は様々で、FIMのエンデューロタイヤや、ハード系のモトクロスタイヤを選ぶ場合も多い。

ダンロップAT81は、昨今のタイヤラインアップには珍しく、エンデューロでも、モトクロスでもないクロスカントリーに向けたもので、ブロックハイトも高い。剛性もあるので、CRF250RALLYのような車重のあるバイクでも腰砕けしづらく、ベストな選択だったと増田。

次回は、路面別の増田まみコメントを紹介する予定だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.