日本ではあまり見かけないけど、北米ではオフロードレースならこれも一緒に持って行っちゃうよ的なとてもメジャーな乗り物であるユーティリティビークル。アマチュアの大きなモトクロス選手権なんかだと、富裕層はみんなこの新しいクアッドを持ち込んで移動していたりする。

画像: 国産「クボタ」のクアッドが、日本国内で発売開始

クボタ
ユーテリティビークル「RTV-X900W」

型 式税込価格(円)税抜価格(円)
RTV-X900W2,268,0002,100,000
RTV-X900W-WR2,430,0002,250,000

※WRは屋根つき

クボタはご存じ建機メーカーで、農機においては実は世界1位のシェアを誇る一大企業。2004年から海外でUVを販売しており、特にアメリカではディーゼルエンジンを搭載したUVでトップシェアを持っているのだ。
トラクターの技術を基に開発していることから、高い耐久性や走破性に定評があり、牧場など様々な用途で現在活躍中とのこと。

機体寸法全長(mm)3110
全幅(mm)1605
全高(mm)2020
最低地上高(mm)266
重量(kg)895
軸距(mm)2045
軸距(mm):前輪1240
軸距(mm):後輪1240
エンジン排気量(cc)898
出力(PS)21.9
燃料ディーゼル
燃料タンク容量(L)30
タイヤ幅前輪(mm)250
後輪(mm)250
変速最高速度(km/h)40
トランスミッションVHT-X(HST)
変速段数前進2段 後進1段
荷台長さ(mm)1030
幅(mm)1465
高さ(mm)285
容積(L)430
最大積載荷重(kg)500
その他座席1列
乗員数2名

クアッドは、JNCCなどのビッグレースではオフィシャルカー、もしくはゲレンデの移動手段として日本でも使われ始めていたりする。なかなか一般ライダーでクアッドを持ってどうしようっていうのも難しいけど、とりあえず数少ない国産クアッド。もし、もしも「私コースオーナーです」なんて人がいれば、ぜひ検討してみてほしい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.