オフロードバイクのシートは、スポーツ性能を確保するために幅が狭い。その代わりに、長距離のツーリングでは座面が不足して尻の鈍痛につながってしまう。この問題を、解決できる製品が…こちらだ。

まるで座布団のような幅広シート

画像1: まるで座布団のような幅広シート

ダートバイクプラスが新しく取り扱いを始めたSEAT CONCEPTSのコンフォートシートは、その名の通り快適性を追求して作成されており、通常のライディングポジションでお尻が乗る位置が幅広になっている。例えば上の写真はCRF250Lのもの。

画像2: まるで座布団のような幅広シート

上の画像ではCRF250Rally用を並べて比較してみた。膝が当たる位置がシェイプされてていることで、スタンディング時の足の動きを妨げず、足つき性も確保。そして座る位置が大きく広がっていることでシッティング時には快適さを向上、疲労軽減に繋がる。

豊富なラインナップは一見価値アリ!

セロー250やCRF250Lなど現行のトレールはもちろん、WR250RやKLX250、DRZ400、また、CRF1000L AfricaTwinやBMWのGSシリーズ、KTMのアドベンチャーなどビッグオフもしっかりカバー。豊富なラインナップも魅力だ。専用品なので安心して装着できる。

画像: 豊富なラインナップは一見価値アリ!

SEAT CONCEPTS
コンフォートコンプリートシート
¥41,730〜(税込)
コンフォートシートフォーム&カバーキット
¥28,254〜(税込)

「コンフォートコンプリートシート」は純正のシートを外して付け替えるだけの丸ごとセット。対して「コンフォートシートフォーム&カバーキット」はシートベースなしのフォームとカバーのみの販売のため、純正シートのシートベースを使って張り替え作業が必要となる。なお、ダートバイクプラスではシートカバーの張り替えサービスもおこなっている。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.