「カジュアルレーサー」とは、なかなか聞き慣れない言葉だが、言うなれば街乗りもできるレーサーベースのトレールマシンのことを指している。JNCC出店なども精力的におこなっているRG3 JAPANが、中国のメーカーASIAWINGとタッグを組んで開発したこのバイクが、いま話題沸騰中。
画像1: いま話題のナンバー付「カジュアルレーサー」ってなんだ? 走破力と秘めたポテンシャルにも着目

Off1では独自取材を行い、このカジュアルレーサーの可能性について、RG3 JAPANにお話を伺ってみた。

オフロードレーサーをファッションとして乗りこなす

画像: オフロードレーサーをファッションとして乗りこなす

開発コンセプトとしてその名の通り「ファッションとしてカジュアルにレーシングマシンに乗る」という面白い試み。エンデューロレーサーの高性能なフレームやサスペンションはそのままに、レーサー独特の機能美を残しつつ、街乗りでも使いやすいエンジンフィーリングになっているという。

足つきや積載性などを考えると、とても街乗りでは実用的とは言い難いエンデューロレーサーだが、その美しさや軽さ、操作性の高さは、他のバイクでは決して味わうことができないだろう。

フルサイズとミニモトの2サイズがラインナップ

画像: ASIAWING RX230F

ASIAWING RX230F

画像: ASIAWING RX230FS

ASIAWING RX230FS

ASIAWING
RX230F
¥520,000(税抜)
RX230FS
¥350,000(税抜)

RX230FRX230FS
エンジン空冷4ストローク2バルブ単気筒
排気量223cc
最高出力12.5kw(17hp)
燃料供給方式キャブレター Pz30
始動方式セルフ式
駆動方式チェーン6段変速
シャーシクロームスチール
グラフィックレッドブルー
Fサスペンションアジャスタブル倒立サスペンション
Rサスペンションアジャスタブルサスペンション
ブレーキ(前/後)270mm/240mm
ホイールサイズ(前/後)80/100-21/100/80-1880/100-19/100/80-16
ホイールベース1,400mm1,360mm
シート高880mm850mm
最低地上高300mm280mm
重量110kg101kg
燃料タンク容量5.5L9.0L
乗車定員1名

レースでも活躍できるポテンシャル

画像: レースでも活躍できるポテンシャル

数値だけ見ると、少々非力なマシンのような印象を受けるが、小さなテーブルトップを飛び切れるほどのパワーも持ち合わせており、レースでも2019年1月27日に行われたアクションエンデューロでは1時間クラスで18周を回りトレールクラス優勝、総合でも10位に入る走りができたとのこと。また、WEX WEST開幕戦スラムパーク瀬戸でも90minテーピングライトクラスで優勝している実績がある。

画像: WEX WEST スラムパーク瀬戸

WEX WEST スラムパーク瀬戸

実際にライディングした担当者に話を伺うと

「4ストロークの230ccですから、エンデューロレーサーに乗り慣れている人だと、高回転のパワーには不足を感じるかも知れません。ですが、低速トルクはしっかりあるので乗りやすいですし、例えて言うならセロー225を1.2倍くらい元気にした感じでしょうか。CRF230Fとかにも似ていますね。

フレームはASIAWINGのエンデューロレーサーそのままで、日本仕様では中国の老舗サスペンションメーカーFastaceのエンデューロサスペンションを入れています。ブレーキもNISSINなので安心して乗れますよ。

モトクロスコースとかでアクセルを開けると思った以上にしっかり加速してくれて、サンデーライダーならパワーのあるエンデューロレーサーよりも速く走れるかも知れませんね。スピードを出した時の直進安定性も高くて怖さも感じません」

さらにエンジン性能に物足りなさを感じるようになった場合は、RG3でエンジンチューニングも可能とのこと。

試乗についてお伺いしたところ、JNCC会場で行われる試乗会で、乗ることができるそう。気になっている方は3月10日の開幕戦、サザンハリケーン大阪の試乗会で、ぜひお試しいただきたい。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.