ドイツの老舗スクリーンメーカーMRAから、トライアンフのミドルアドベンチャーTIGER 800XR、TIGER800XC、2018モデル用のスクリーンが発売。アドベンチャータイプのキモとも言える高速道路などでの巡航性能をさらに高め、より快適に疲れにくくなること間違いありません。

可変フラップ装備タイプと2種がラインナップ

画像1: 可変フラップ装備タイプと2種がラインナップ

MRA
スクリーンツーリング
¥14,300(税抜)
カラー:クリア、スモーク、ブラック
素材:アクリル
サイズ:幅400×長さ440mm
付属品:専用取付ステー

オリジナルに比べスクリーンが高くなることで優れた防風効果を発揮。高速巡航時の疲労を軽減してくれます。

画像2: 可変フラップ装備タイプと2種がラインナップ

MRA
VARIOツーリング
¥24,200(税抜)
カラー:クリア、スモーク
素材:アクリル
サイズ:幅400×長さ460mm
付属品:専用取付ステー

スクリーンエンドに可変フラップを装備。フラップの角度は角度、高さを6段階で調整可能。シチュエーションによって使い分けることができます。

画像3: 可変フラップ装備タイプと2種がラインナップ

こちらは純正との比較画像。形状やサイズの違いがわかりやすいですね。スモークやブラックのカラーもカスタム感が出て満足度が高い商品です。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.