2017年から、AMAスーパークロスでも使われるUSヨシムラレーシングサイクロンがヨシムラジャパンの手によって国内仕様に生まれ変わり、販売されているのをご存知でしょうか? 毎年、マシンのニューモデルが発表されると開発を進め、モデルチェンジに対応してきています。

CRF250R'19やYZ250F'19、KX250F'19などに対応済み

画像1: CRF250R'19やYZ250F'19、KX250F'19などに対応済み

こちらはCRF250R'19モデルの装着画像。

画像2: CRF250R'19やYZ250F'19、KX250F'19などに対応済み

この存在感!

画像3: CRF250R'19やYZ250F'19、KX250F'19などに対応済み

各車、エキパイごと変更するタイプと、純正のエキパイを残すスリップオンタイプの2種類がリリースされています。

ヨシムラジャパン
CRF250R(18-19)RS-9T レーシングサイクロン
¥115,000(税抜)〜

USヨシムラのレーシングサイクロンをヨシムラジャパンにて再開発。性能・音量を国内基準に合わせていますので、国内のレースで問題なく使用できます。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.