オフロードバイクが4ストローク全盛時代を経て、いま2ストロークに揺り戻ろうとしているわけですが、昔から縁の下の力持ち的なパフォーマンスパーツであったサードパーティのリードバルブ「V-FORCE」がどんどん進化してたの、気づいてました?

V-FORCEが4Rになってどう変わったの

「リードバルブ」聞いたことありますよね? 4ストロークのバルブの代わりになる制御装置って言ったらいいですかね。

画像1: V-FORCEが4Rになってどう変わったの

こちらはYAMAHAのYZ65のエンジン画像ですが、このエンジンとキャブレーターの間に挟まっている黒いパーツが、インシュレータ。その先に、リードバルブがついています。

画像2: V-FORCEが4Rになってどう変わったの

パーツリストで見ると1、2がリードです。このリードが、吸気によって開いたり閉じたりすることで、混合気をアナログに制御しているわけです。

V-FORCE自体はこの先端のリードバルブが1山ではなく2山になっていることで、キャブからエンジンに流入する空気の流れを増幅することができ、より強いエンジンパワーを引き出してあげることができた画期的なリードバルブでした。下から上まできっちりパワーアップすることで、多くのモトクロスライダーが装着していました。

これがV-FORCE4になると、①リード制御の改良でより吸入量が10.5%アップ、②リードが長くなることで、信頼性が向上、③再設計による全体性能の向上といったところ。

で、V-FORCE4「R」では、リードをおさえるパーツがラバーでコーティングされたことで、耐久性と、バルブのシール性能が向上したというわけです。

特にエンデューロに必要は低速〜中速のトルクが増し、低い回転数でもエンストしにくくなったり、フロントアップとかがしやすくなったりするようです。海外メーカーのエンデューロレーサーに最初から採用されているのも納得ですね。

新しくYZ65用がでました!

で、そんなV-FORCE4にYAMAHAの新型マシンYZ65用が追加ラインナップされました、というのが今回の本題。また、最近ハードエンデューロで人気のYZ125Xに対応したモデルも発売中。

画像: 新しくYZ65用がでました!

MOTO TASSINARI
V-FORCE4R
定価:¥30,024(税込)
WW会員価格:¥25,520(税込)

モトクロッサーベースの車体をエンデューロで使う場合だと、どうしても低速トルクがもうちょっと欲しいところ。そんな経験のある人にはぜひ試してもらいたいパーツですね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.