HondaのファクトリーチームHRCが誇るダカールマシン・CRF450RALLYのレプリカモデルとして、ラリースタイルに憧れるライダーの人気を集める250トレール、CRF250RALLYがカラーリングを一新。これまでよりもさらに本物のファクトリーマシンに近づきました。

ダカールマシンを彷彿させるカラーリング

画像: 左:コンセプトモデルCRF450L RALLY、右:CRF250RALLY

左:コンセプトモデルCRF450L RALLY、右:CRF250RALLY

デカールだけではなく、フロントフォークがブロンズに。こちらはCRF450Lをベースに開発されたコンセプトモデルCRF450L RALLYと、新色のCRF250RALLY(エクストリームレッド)の比較。かなり似ています! ダウンマフラーにして、ハイシート化、トドメにコクピットにタワーキットを装着したら、パッと見区別つかないかも…。

CRF450L RALLYについて詳しくは以下の記事を参照。

ローダウンタイプと合わせて2色展開

画像: Honda CRF250RALLY(エクストリームレッド)

Honda CRF250RALLY(エクストリームレッド)

画像: Honda CRF250RALLY(ブラック)

Honda CRF250RALLY(ブラック)

Honda
CRF250RALLY
¥650,000(税抜)
CRF250RALLY Type LD
¥650,000(税抜)
カラー:エクストリームレッド、ブラック
発売日:2019年3月26日

Type LDは65mmのローダウンタイプ。前後サスペンションでシート高を調整しています。

CRF250Lもカラーリングを変更、ブラックもラインナップ

画像: Honda CRF250L(エクストリームレッド)

Honda CRF250L(エクストリームレッド)

画像: Honda CRF250L(ブラック)

Honda CRF250L(ブラック)

Honda
CRF250L
¥461,000(税抜)
CRF250L Type LD
¥461,000(税抜)
カラー:エクストリームレッド、ブラック
発売日:2019年2月15日

Type LDは45mmのローダウンタイプ。前後サスペンションでシート高を調整しています。

通称名CRF250 RALLYCRF250L
車名・型式ホンダ・2BK-MD44
全長 (mm)2,210〔2,175〕2,195〔2,175〕
全幅 (mm)900815
全高 (mm)1,425〔1,360〕1,195〔1,150〕
軸距 (mm)1,455〔1,430〕1,445〔1,430〕
最低地上高 (mm)★270〔205〕255〔210〕
シート高 (mm)★895〔830〕875〔830〕
車両重量 (kg)157〔156〕144〔143〕
乗車定員 (人)2
燃料消費率※1
(km/L)
国土交通省届出値
定地燃費値※2
(km/h)
44.3(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※3
33.1(クラス2-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m)2.3
エンジン型式・種類MD38E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
総排気量 (cm3
)
249
内径×行程 (mm)76.0×55.0
圧縮比 ★10.7
最高出力 (kW[PS]/rpm)18[24]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)23[2.3]/6,750
燃料供給装置形式電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★セルフ式
点火装置形式 ★フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L)107.8
クラッチ形式 ★湿式多板コイルスプリング式
変速機形式常時噛合式6段リターン
変速比1 速3.333
2 速2.117
3 速1.571
4 速1.304
5 速1.103
6 速0.967
減速比(1次★/2次)2.807/2.857
キャスター角(度)★28°05´〔27°35´〕27°35´
トレール量(mm)★114〔113〕113
タイヤ3.00-21 51P
120/80-18M/C 62P
ブレーキ形式油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式セミダブルクレードル
〔〕内はType LD

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.