先日お届けしたばかりの新型ハイエースが、ついにフィリピンにて世界初御披露目。早速第一報をお届けしよう。

画像1: ハイエース新型、正式発表。2.8D・3.5Gでロングボディは全長5915mm

刷新された専用プラットフォームで、今回のフィリピンでの発売以降、来年にかけて、新興国を中心とした国・地域に順次投入するとのこと。また、市場環境が異なる日本においては、従来モデルのハイエースを継続するとのトヨタの発表

エクステリア

  • 「ショート・標準ルーフ」、「ロング・ハイルーフ」の2つのボデータイプを設定。

インテリア

  • 用途に応じて、複数の座席および荷室のレイアウト。乗合バス用途の「コミューター」においては、クラス最大の乗車人数17名を設定。
  • 新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用。
  • バンは世界各国のパレットが搭載可能な荷室を確保。
  • 大型ドアトリムポケットや大型シート下収納等、ドライバーや乗員のニーズに対応し、機能性を高める一方で、人に安心感を与える快適な内装デザインを採用。

海外向け新型ハイエース 主要諸元[現行型との差]

全長5,265mm[+570]5,915mm[+535]
全幅1,950mm[+255]1,950mm[+70]
全高1,990mm[+10]2,280mm[-5]
ホイールベース3,210mm[+640]3,860mm[+750]

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.