KTMでは、これまでホモロゲーション対策として「ファクトリーエディション」のSX-Fを発売してきた。このマシンは、いわばEXCシリーズのSIXDAYSとは異なる扱いで、次年度のマシンに関するアップデートが含まれているものでもあり、今年に関しては19.5MYとも表記すべき内容。だが、それにまして19モデルはハーリングス・レプリカと銘打った車種がリリースされた。

画像1: 「ハーリングス・レプリカ」なる、最強のKTMを買う方法

KTM
450SX-F HERLINGS REPLICA

発売予定時期 :2019 年7 月
メーカー希望小売価格:1,290,000 円(消費税8%込み)

<主要諸元>
エンジン型式:水冷4 ストローク単気筒
総排気量 :449.9 cc
始動方式 :セルスターター式
変速機 :4 速
燃料供給方式:Keihin 製 EFI スロットルボディ44 mm
サスペンションF/R :WP 製 USD AER 48 / WP 製リンク式ショックアブソーバー
タイヤF / R :80/100-21” / 110/90-19”
車輌重量 :約100 kg(燃料除く)

<主要特別装備>
 アクラポビッチスリップオンサイレンサー
 Hinson Factory クラッチカバー
 削り出し燃料タンクキャップ
 ファクトリールックのハブ
 ファクトリートリプルクランプ
 コンポジット樹脂のスキッドプレート
 Selle Dalla Valle ロゴ付きファクトリーシート
 フロントブレーキディスクガード
 ファクトリースペシャルのスタートデバイス
 オレンジのリアスプロケット

画像: KTM 450SX-F HERLINGS REPLICA

KTM
450SX-F FACTORY EDITION

発売予定時期 :2019 年7 月
メーカー希望小売価格:1,284,000 円(消費税8%込み)

これまでのファクトリー・エディションも併売。こちらは、ムスキャンレプリカとして仕立てられているようで、北米のAMAに参戦する仕様に近いはず。

<主要諸元>
エンジン型式:水冷4 ストローク単気筒
総排気量 :449.9 cc
始動方式 :セルスターター式
変速機 :5 速
燃料供給方式:Keihin 製 EFI スロットルボディ44 mm
サスペンションF/R :WP 製 USD AER 48 / WP 製リンク式ショックアブソーバー
タイヤF / R :80/100-21” / 120/90-19”
車輌重量 :約100 .6kg(燃料除く)

<主要特別装備>
 Selle Dalla Valle ファクトリーシート
 2019 Red Bull KTM Factory Racing グラフィックス
 サスペンションとエンジンのセッティングをアップデート
 アクラポビッチスリップオンサイレンサー
 ファクトリートリプルクランプ
 D.I.D. Dirt Star リム、ファクトリーホイール
 ファクトリースペックのスタートデバイス
 コンポジットスキッドプレート
 フロントブレーキディスクガード
 オレンジのリアスプロケット

ファクトリーエディションには、ハーリングスレプリカに記述されていない「アップデートされたサスペンションとエンジンのセッティング」という項目があるのも興味深いところ。

これまで、日本では展開されていなかったモデルだが、晴れて定価も発表。ホンモノが欲しいなら、KTMディーラーへ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMキャンペーン Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.