AMAフリークなら、BELLヘルメットは外せない。
古くはリック・ジョンソン、現代はクーパー・ウェブや、プロサーキットカワサキ、ヤマハのスターレーシングなど、スターライダーが着用してきた永遠の憧れ…これが、日本に規格などをしっかり通した上で上陸するという超うれしいニュースだ。

画像1: BELLヘルメットが日本上陸、本場アメリカの「ホンモノ」なら最新鋭“MOTO-9”シリーズ

BELL
MOTO-9 FLEX ヘルメット
ファストハウスWRWF

カラー: マット/グロスブラック/ホワイト/レッド
価格: ¥81,000(¥75,000)
サイズ: M ・ L ・ XL
規格: Snell M2015規格 適合
MFJ公認レース可 (レース専用 公道使用不可)

その中でも、ハイエンドプロダクトがこちらMOTO-9 FLEX。3層の可動するレイヤーが、あらゆる方向・種類の衝撃を受け流すFLEXテクノロジーを搭載。もちろん、MFJの公認をとっているので、レースユースの最有力候補。見ての通り、ダートバイクプラスで販売しているFASTHOUSEレプリカでカッコイイことこの上なし。

画像: Progressive Protection - Bell Flex Technology youtu.be

Progressive Protection - Bell Flex Technology

youtu.be
画像3: BELLヘルメットが日本上陸、本場アメリカの「ホンモノ」なら最新鋭“MOTO-9”シリーズ
画像4: BELLヘルメットが日本上陸、本場アメリカの「ホンモノ」なら最新鋭“MOTO-9”シリーズ

ホワイトと、プロサーキットレプリカも、MOTO-9 FLEXでラインナップされている。とりあえずKXユーザーは、これにキマリ。

画像: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット ファストハウスWRWF

BELL
MOTO-9 MIPS
MCレプリカヘルメット

カラー: レッド/イエロー/クローム
品番: M:7105588 / L:7105589 / XL:7105590
価格: ¥54,000(¥50,000)
サイズ M ・ L ・ XL
規格: Snell M2015規格 適合
MFJ公認レース可 (レース専用 公道使用不可)

垂涎モノとは、まさにコレ。説明不要の、ショータイムス、マグラレプリカ。こちらは、FLEXではなくMIPS(Multi-Directional Impact Protection System)での展開。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.