1983年からダカール・ラリーに参戦を続けていた菅原義正氏が引退を表明されました。

世界最多連続出場36回、世界最多連続完走20回

画像1: 世界最多連続出場36回、世界最多連続完走20回

菅原義正氏は1941年5月31日生まれ、北海道小樽市出身。多数の国内レースに出場した経験を元にサハラ砂漠横断などの冒険行を経て、1983年にオートバイでパリ・ダカールラリーに初参戦以来、連続出場記録を更新し続けてきました。

近年では日本レーシングマネージメント株式会社の会長を勤めながら、日野自動車株式会社との共同参戦チーム「日野チームスガワラ」からダカール・ラリーに出場。

画像2: 世界最多連続出場36回、世界最多連続完走20回

チームのトレードマーク「鯉のぼり」を掲げてダカールを走る姿はダカール名物にもなっていました。

画像3: 世界最多連続出場36回、世界最多連続完走20回

ダカール・ラリー2019、ゴールセレモニー会場にて、日野自動車の下義生氏(写真左)と握手を交わす菅原義正氏(写真右)

「私のダカール・ラリーへの挑戦は、2019年1月の大会をもって最後とし、後進に道を譲ることとしました。チーム代表を息子の照仁に譲り、新たなドライバーの人選も任せます。
ダカール・ラリーには1983年から、日野自動車とは1992年から協力して参戦してきました。壮大なスケールでレースをしながら旅することにロマンを感じ、さまざまな人や文化に触れるたび魅力に取りつかれ、毎年、"ゴールはスタートと捉え、次のラリーへの準備をする" ことを続けてきたら36年経っていました。これまで続けてこられたのは皆様の応援があったからこそであり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ダカール・ラリーからは引退しますが、私のキャリアを終わらせるつもりはなく、今後も様々なチャレンジを続けていきたいと思っています。照仁が率いる新チーム、そして私の今後の活動についても、応援いただければ大変嬉しく思います。」

菅原氏のダカール参戦実績

連続出場36回/全部門での合計完走29回/二輪・四輪・トラックの3部門に出場

ラリー出場回数完走回数完走率
ダカール362980%
ファラオ7686%
パリ北京11100%
モンゴル161593%
シルク11100%
合計615285%

主な功績・表彰

受賞年月内容
1990年2月三菱自動車 ラリーアート・ドライバー・オブ・ザ・イヤー(クロスカントリーラリー部門)を受賞する
2007年1月主催であるASO(アモリ・スポル・オルガニザシオン)から25回連続出場の表彰と記念盾を授与される
2013年6月ゴールド・スター・ドライバーズ・クラブ・オブ・ジャパン
(現・レジェンドレーシングドライバーズクラブ)の会員に選出される
2013年12月RJC(日本自動車研究者 ジャーナリスト会議)パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞する
2017年12月第50回 内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞スポーツ功労者文部科学大臣顕彰を受賞する

菅原氏の新しい挑戦の成功と、今後の「日野チームスガワラ」のご活躍をお祈りしております。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.