KTMに続いて、コンポーネントを同じくするハスクバーナが2020年モデルのモトクロッサーを発表。19モデルでチェンジされた分割外装が、こう活きてくるとは…。

ニュースタイリング

画像1: ニュースタイリング

ご覧の通り、上下分割されたサイドカバーの下パーツはグレイに変更。まるでサイレンサーカバーのようなデザインになることで、上下の厚みを抑えたエクステリアに。

画像2: ニュースタイリング

前年モデルよりも、ポップな印象だ。

MY20モデルのフィーチャー

昨年より導入された、AERの後継XACTサスペンションのセッティングを見直し、エンジンはトラクションコントロールをさらに熟成しているとのこと。

画像1: MY20モデルのフィーチャー

定評のFC250エンジン。熟成されたセッティングに。

ハスクバーナアクセサリーも興味深いところ。

画像2: MY20モデルのフィーチャー

ロックスターエディションにも装着されていたトリプルクランプは、これまでのものと異質な形状で肉抜き具合も面白い。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.