via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

忙しい…忙しすぎる…。vol.1を書いてから、テントサウナを立ててるヒマはなかった。あ、いやまてよ、そうだJNCCの開幕戦でもやったな。そうそう、JNCCの開幕戦でテントサウナをやらせてもらったんですよ。あぁ、サウナ行きたい。

サウナに行けるわけも無く、僕はエルズベルグロデオに行った

撮影につぐ撮影…編集につぐ編集…。じつはOff1.jp編集部はわりと忙しい。特に5月はめまぐるしくて、常に気を張って無くてはいけなかった。実はサウナってやつは、わりと夜がはやく、23時を超えると営業時間を終えている場合が多い。だから、21時にはサウナに向かいたいんだが、あ、どうでもよかったですね。サウナになかなか行けずに、長期出張を迎えたって話ですハイ。

画像1: サウナに行けるわけも無く、僕はエルズベルグロデオに行った

僕が向かっていったのは、オーストリア。世界一過酷なハードエンデューロ「エルズベルグロデオ」の取材だ。2年目の挑戦へ出かけた石戸谷蓮や、初挑戦の木村吏を取材に行った。写真は、エンデューロのスピードキング、ジョセップ・ガルシアのカールズダイナー(最難所)。とてつもなく広いエルズベルグ鉱山で、このレースはおこなわれる。

画像: レースの合間におこなわれるパレード。左下…

レースの合間におこなわれるパレード。左下…

このアイゼンナーツの街からは、象徴であるエルズベルグがどこからでも望める。

画像2: サウナに行けるわけも無く、僕はエルズベルグロデオに行った

本当にどこからでも。

サウナのことなんて、もちろん忘れるほどに、刺激的な体験だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.