「闘う4スト」のキャッチフレーズで国産トレールの中でも高いオフロード走破力を誇ったKLX250がFinal Editionを迎え、ラインナップから消えてから、その後を継ぐモデルは音沙汰なかった。しかし突如として復活した「KLX」には、なんとレーサーモデルもラインナップ。
画像: カワサキのファンライド・レーサーKLX230Rの戦闘力は? 19kgもの軽量化で「別物」の可能性

KAWASAKI
KLX230R

¥470,000(税抜)
発売日:2019年10月1日

トレールモデルとして同時発表されたKLX230に対して価格は+2万円。そのことからもただ保安部品をなくしただけのモデルではないことがわかる。

画像1: KAWASAKI KLX230R
画像2: KAWASAKI KLX230R

モトクロッサーKXシリーズを踏襲した外観。

KLX230からトルクアップしたエンジン

画像1: KLX230からトルクアップしたエンジン

エンジンは232ccで空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ。最高出力は14kW(19PS)/8,000rpm、最大トルクは20N・m(2.0kgf・m)/6,000rpm。この数値は現行のセロー250と同じ(回転数は除く)。それに対して車両重量は115kgとセローに対して-18kg。KLX230比で、-19kgだ。扱いやすく初心者から中級者まで楽しむことができるファンライド・レーサーであることがうかがえる。

画像2: KLX230からトルクアップしたエンジン

軽量な樹脂製フューエルタンクは6.5L。

画像3: KLX230からトルクアップしたエンジン

KLX230からアップデートされたサスペンションで、フロント250mm、リア251mmのホイールトラベルをもつ。

画像4: KLX230からトルクアップしたエンジン

タイヤサイズはフロント21インチ、リア18インチ。フルサイズのエンデューロマシンと同じく幅広いタイヤ選択が可能だ。スイングアームも、チェーンアジャスターをはじめとしてストリートリーガルのKLX230より本格派になっている。

エンデューロ・オプションも充実

画像: エンデューロ・オプションも充実

純正アクセサリーとしてハンドガード、エンジンガード、ファットバー、バーパッド、ブラックアルマイトリムなどが充実。

KLX230Rのスペック

車名(通称名)KLX230R
マーケットコードKLX230ELF
全長x全幅x全高2,045mm×840mm×1,200mm
軸間距離1,360mm
最低地上高300mm
シート高925mm
キャスター/トレール26.5°/113mm
エンジン種類/弁方式空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量232cm3
内径x行程/圧縮比67.0mm×66.0mm/9.4:1
最高出力14kW(19PS)/8,000rpm
最大トルク20N・m(2.0kgf・m)/6,000rpm
始動方式セルフスターター
点火方式バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑方式ウェットサンプ
エンジンオイル容量1.3L
燃料供給方式フューエルインジェクション
トランスミッション形式常噛6段リターン
クラッチ形式湿式多板
ギヤ・レシオ1速3.000(39/13)
2速2.066(31/15)
3速1.555(28/18)
4速1.260(29/23)
5速1.040(26/25)
6速0.851(23/27)
一次減速比 / 二次減速比2.870(89/31)/3.538(46/13)
フレーム形式セミダブルクレードル
懸架方式テレスコピック(インナーチューブ径37mm)
スイングアーム(ニューユニトラック)
ホイールトラベル250mm
251mm
タイヤサイズ80/100-21 51M
100/100-18 59M
ホイールサイズ21×1.60
18×1.85
ブレーキ形式シングルディスク240mm(外径)
シングルディスク220mm(外径)
ステアリングアングル (左/右)45°/ 45°
車両重量115kg
燃料タンク容量6.5L
カラーライムグリーン(GN1)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.