北海道の林道には、なぜか独特なロマンと匂いが漂っている。本州の林道は、その名の通り「林業」で伐採した木材を運ぶための「運搬用」道路か、それに付随した「治山」のための道路である。これに対して北海道の林道は、その昔の地域と地域、あるいは平野と平野を結んだ言わば開拓の道。幅広いアスファルトの新道が開通するまでの古き良き時代の、歴史を物語る”オールドトレイル”と言う訳なのだ。

CRF450Lは、戦闘能力だけで語るべきにあらず

さて、そんなCRF450Lの快適な走りと、僕の青春回帰の心が一致したところで思うところは、バイクはあまり「テクニック」や「性能」に捉われ過ぎてはならない、ということ。つまり、バイクはもっと「楽しく」「イージー」に「便利」に乗りこなさないともったい無いということだ。そんな観点からオフロードバイクは最高に有利な点を沢山併せ持っている。

画像1: CRF450Lは、戦闘能力だけで語るべきにあらず

例えば、誰にも扱い易い「軽量でスリム」な車体。さらにコンパクトで操作性の良い各部のシンプルな機能が、悪路からストリート走行まで、様々な路面や用途に応じたオールマイティーなライディングを楽しめる。

そして、そんなオフ車の中でも、とりわけ「CRF450L」はチタン製の7.6Lタンクの他、ツインスパーのアルミフレームをはじめとする各部の徹底したアルミ化、フェンダーやカバー類のプラスチックはもちろん、灯火類もLED化。さらにはたった420gのリチウムイオンバッテリーの採用などにより、車重は僅か131kg、車幅825mmを実現。レスポンスの良い軽量ユニカムSOHC単気筒エンジン、徹底的にシンプルに進化したブレーキ系、駆動系、操作系などの各部機能をもっている。

画像2: CRF450Lは、戦闘能力だけで語るべきにあらず

少し上級者向けのポテンシャルと、高度な潜在能力を併せ持つストリートオフロードモデルの「最優等生マシン」という位置づけに間違いはない。ともすると、その戦闘能力だけが試され、評価が下されがちなこの「CRF450L」だが、北海道の草原や静かな湖畔のトコトコ走りでも十分なスムーズさと快適なライディングが楽しめたことを報告しておきたい。

画像3: CRF450Lは、戦闘能力だけで語るべきにあらず

そして、「CRF450L」の嬉しいトータルのインプレッションとしてプラスアルファの特筆事項は、信号待ちなどでとても重要な「ニュートラル出し」が非常にスムーズだったこと。他車では有りがちなストレスが皆無であったことは「10点満点」の報告として掲げておく。

画像4: CRF450Lは、戦闘能力だけで語るべきにあらず

そうしてNorthern1000RallyをCRF450Lで無事完走し、宗谷岬にてゴールを迎えることができた。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.