今年の全日本モトクロスは全8戦。今回の名阪は第6戦となっており、早くも後半戦に突入している。石浦諒は第5戦の藤沢を8/10位で終え、ランキング9位で挑んだ。

細かなセッティングの見直しが、ライディングを良い方向へと導いていった。

スタートで苦戦するも6位フィニッシュのヒート1

画像1: スタートで苦戦するも6位フィニッシュのヒート1

「スタートでミスをしてしまいましたが、1コーナーでうまく抜けることができ、なんとか前に出られました。十分に自分の走りができたとは言えませんが、我慢の走りで6位でレースを終えることができました」と石浦。

このヒート1は第2戦のオフロードヴィレッジ、ヒート2の3位に続く好リザルトとなった。

画像2: スタートで苦戦するも6位フィニッシュのヒート1

ヒート2では課題となっていたスタートがうまく決まった。一周目を4番手で戻ってきた石浦だが、この日一番気温の高い時間のタフなコンディションが石浦を苦しめた。

「ヒート2も苦戦するだろうな、と予想できたのでスタートでは絶対に前に出ようと思いました。結果、課題となっていたスタートはうまくいったのですが、後半タレてしまって体力面での課題を感じたレースとなりました」

画像3: スタートで苦戦するも6位フィニッシュのヒート1

結果、石浦は10位でヒート2を終えた。「ライディングを振り返ってみると、マシンはいい状態になっている中でコースへの苦手なイメージが払拭できず、事前テストの時から"これはヤバイな…"という印象があり、タイムも出しきれないまま不安な面も抱えてレースに臨みました。リザルトとしては入賞もしましたが、イメージ通りに乗れなかったことがヒート2のペースダウンの原因かな、と思っています」

画像4: スタートで苦戦するも6位フィニッシュのヒート1

また、第7戦HSRに向けて石浦は「マシンはかなり煮詰まってきています。エキゾーストの仕様もほぼ決まって、燃調も合わせ込めるようになってきたので、あとはもうライダーかな、と。次戦HSRに向けてもバイクについては大きな変更はないかな、と思っています。コースのセクションが少し変更になっているようなので乗り込んでいきたいと思います」と語る。

縄田氏は「ヒート2は課題が残るレースでした。バイクをマシンプールに残して戻る、そこが最低限のラインですね。今後乗り込み方も視点を変えて取り組んで行かないと。追い下げのレースが続いているので、そこを改善して次のHSRに照準を合わせていきます。HSRは名阪に比べてフラットなので、セッティングについてもHSR仕様に作り上げていきます」

残りはたったの2戦。クライマックスに向けて、GOSHI Racingも歩みを進める。ホームコースHSRでどこまでトップ陣に迫れるか、この1年の蓄積が試されることになりそうだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.