ワールドエンデューロシーンで活躍するライダーが「生粋のエンデューロ育ち」という例は少なく、多くはトライアル出身、またはモトクロス出身というライダーで占められる。前者は、ハードエンデューロに多く、後者はスペシャルテストでのスプリント的なタイムが勝負になるENDURO GP(FIMエンデューロ世界選手権)でその才能を発揮する。ネイサン・ワトソンもその一人だ。

画像: エネズベルグロデオ2019 ネイサン・ワトソン Future7Media

エネズベルグロデオ2019 ネイサン・ワトソン Future7Media

最近は、トライアルもモトクロスからエンデューロにスイッチする年齢もどんどん下がっているが、その要因はもちろんエンデューロがプロフェッショナルとして活躍できる場になってきているからだ。エンデューロにはますます多くの才能が集まるようになり、競技のレベルは上がり、結果としてエンターテイメント性も高まるという相乗効果を生んでいるのだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.