座った瞬間にわかる、座面の広さ

画像1: シートコンセプト

シートコンセプト

画像1: 純正

純正

オフロードを走る際のポジションに座った場合。左側がシートコンセプト。スタンダードは若干前側に座っているようにみえる。この時点でも、十分に座面の広さが伝わると思うけど、実際には座っている感触は純正と変わりがない。モモの裏側で若干、エラを感じる程度だ。

画像2: シートコンセプト

シートコンセプト

画像2: 純正

純正

若干後ろに座った場合。尻のはみ出し具合がよくわかる。座った感触も、完全に違う。尻の肉が完全にシートに収まっている感触だ。

画像3: シートコンセプト

シートコンセプト

画像3: 純正

純正

ただ、僕はロングだからといって、後ろに座るような意識をしたことがない。基本、オフロードと同じ前のポジションに座っていることが多いし、純正で後ろ気味に座ると、ちょっと気持ち悪い。ほんんの少しだけど、前方向にずりおちる感覚があって、常に腰まわりに緊張が生じてしまう。

シートコンセプトで後ろにエラが張っているからといって、後ろに座ることが不快だったらエラがあっても意味がないだろう。乗ってみる前から、その辺がとても気になるところだった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.