画像2: アドベンチャースポーツ

アドベンチャースポーツ

画像: スタンダードモデル

スタンダードモデル

画像2: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」
画像3: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」

風防の違いは、実はカウルの構成もまったく違うことに驚かされる。アドベンチャースポーツは、CRF450RALLY由来のスリットによる整流がおこなわれるカウルだが、スタンダードモデルはスリットの位置が違う。

画像4: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」
画像5: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」

加えて、アドベンチャースポーツにはコーナリングランプが装着されることもあって、そもそも顔つき自体が違うのだった。

画像6: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」
画像7: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」

ホイールも、アドベンチャースポーツはロードラジアルの使用を考えたチューブレスを採用する。森田氏が言うように、旧アフリカツインよりもその棲み分けは明確だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.