似ているようで、なにげにまったく異なる排気系

画像1: 似ているようで、なにげにまったく異なる排気系

排気系は、デザインを旧型と似ていることから、アップデートしたように見えないが、実はこのデュアルパイプ、中身でしっかり可変式の2本の排気に分岐している。

画像2: 似ているようで、なにげにまったく異なる排気系

こちらは、低回転時。バルブが動くことで、細いほうの排気管を通り、出力やパルス感を両立。

画像3: 似ているようで、なにげにまったく異なる排気系

高回転時に太いほうへ。これは、CBR1000RRに搭載されている排気バルブシステムを応用したもの。燃焼状態を常に監視するLAFセンサーによって、緻密に燃焼制御をおこなうというハイテクノロジーが、詰め込まれている。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.