KTMのアドベンチャーシリーズのかっこよさ、そしてスポーツに振り切った姿勢がいかにクールか、知っている。だが、ミドルクラスの790ですら超絶なポテンシャルを秘めていて、まずは最初の1台、には難しいし、普段の通勤通学にひっぱりだせるようなバイクには…なかなかならない。そこで、ドドンと出ました390。そうそう、このエンジンを使ってオフロードバイクを作らないモノか、と思っていましたよね? KTMは、1290DUKEが目玉だったけど、Off1.jp的には断然コッチ!

欧州版は、シート高かなり高し

画像: オプション装着車

オプション装着車

例によって速報なので、まずはさらっと。小径キャストホイールで、実はそこまでダートを意識していないスタイリングながら、威風堂々とした大柄な全体。またがった写真がなくて恐縮だが、かなり車高は高く、180cmの稲垣でもかかとがかなり浮く。シートも角があって、ロングには最高だが足付きは厳しいものがあるだろう。

エントリーモデルなので、おそらくこのあたりは何らかの策が講じられるはず。後のリリースを待とう。

画像1: 欧州版は、シート高かなり高し
画像2: 欧州版は、シート高かなり高し

KTMの390シングルユニット。小気味良いエンジンで、このエンジンのファンも少なくない。

 

画像3: 欧州版は、シート高かなり高し
画像4: 欧州版は、シート高かなり高し

調整機構を有する、前後サスペンションはEXCゆずりのファンクション。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.