トレールマシンのサスペンションには、二人乗りへの対応、コストパフォーマンス、様々な足かせがある。オフロードバイクでもっとも大事な「足」に本来の性能を取り戻せるとしたら、どうなのだろうか? 日本を代表するサスペンション・プロショップであり、今や世界でも活躍するテクニクスが、そのサスペンションの違いを体感できる試乗会を開催。ディープな潜入取材を試みた。

本当にこれがCRF250Lなのか!?

今回の試乗会の目玉となったのが、HONDA CRF250Lだ。一度でもノーマルのCRF250Lに乗ったことのある方はお分かりかと思うが、現在発売しているトレールマシンの中ではツーリングや街乗りにも使い勝手が良いように作られていて、お世辞にもオフロード性能が高いとは言い難い。

画像1: 本当にこれがCRF250Lなのか!?

ところが、この試乗会に持ち込まれたCRF250Lは、完全に別モノだった。一番大きな特徴はフロントサスペンションに使われているテクニクスのサスペンションキット「TRIC」だ。

画像2: 本当にこれがCRF250Lなのか!?
画像3: 本当にこれがCRF250Lなのか!?

TRICについてはこちらの記事でしっかりとその素晴らしさを解説しているが、今回の試乗車に使われていたのはもっとも安価なFUN KIT(¥65,000)。

画像4: 本当にこれがCRF250Lなのか!?
画像5: 本当にこれがCRF250Lなのか!?

さらにリアショックにはTGR Performance Shock TEC-3.1(¥59,000)を装着。

画像6: 本当にこれがCRF250Lなのか!?

前後ホイールにはTGR RACING WHEEL(¥119,000)、フットペグにはRAPTOR TITAN FOOTPEG Enduro(¥32,000)が使われていた。余談だが、マフラーにはMORIWAKIが使われていて、その排気音がライディングの楽しさを一層引き立ててくれた。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.