via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

インドネシアヤマハで新車発表されたWR155Rが、日本のSOXにて取り扱いを開始するとの発表。現段階では、価格その他が公表されていないものの、いわば125cc近辺のもっとも「扱いやすい」排気量におけるトレールバイクの久々の発表はダートバイクファンにとって朗報だ。

画像: バイク館SOX on Twitter twitter.com

バイク館SOX on Twitter

twitter.com
画像: スーパーお手軽トレール「WR155R」国内発売開始の報

YAMAHA
WR155R

新開発された155ユニット

画像1: 新開発された155ユニット

このたびのWR155Rは、ストリートバイクのXSR155との同時発表。14.2 kw / 10,000 rpm、14.7 Nm / 8,500 rpmと十分なパワーデリバリーを約束する、この新ユニットが共用される。WR155Rに関しては低速に特性を振ったか12.3 KW / 10,000 rpmm、14.3 Nm / 6,500 rpmといった数値発表。エクステリアだけにとどまらず、スタイルに沿った開発のようだ。

画像2: 新開発された155ユニット

SOHC、4バルブのエンジンは、当然この時代ゆえのEFIを装備。ボアストロークは58.0 x 58.7 mmとほぼスクエアで、圧縮比11.6:1。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.