via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

Off1.jp編集部で気になっているコミューターと言えば、断然X-ADVだ。DCT搭載のスクーター的スタイル、開ければ速く、日本中を旅するにも十分なクルージング機能を持つ。ライディングフィールも申し分なくファン。そんなX-ADVイイズムを継承するADV150が登場した。

画像: ダート好きなら一択のコミューターが新発売、ホンダADV150

Honda
ADV150
451,000円(消費税抜き本体価格 410,000円)

フロントサスペンションは、クラス最長の130mmのストローク量。リアサスペンションは、120mmのストローク量で、思い切りオフロードを攻める…という荒技はできないものの、ちょっとした林道遊びを許容してくれそう。ブロックパターンに見えるタイヤは、このADVのために新開発されたものだとのこと。

また、パワーユニットにはホンダが誇るコミューターPCXと同様のグローバル施策のエンジン「eSP」を搭載していて、しっかり走れる仕様。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.