純正フォークカバーと比較

今回の装着マシンはYZ125X(18)

画像2: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像3: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像4: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像5: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像6: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像7: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード

純正と比較すると一目瞭然、背面部のインナーチューブの露出面が少なくしっかりとカバーされており、スリットも内側に向いているため後ろからの泥も防いでくれます。純正フォークカバーとボルト位置が同じなので、そのままボルトを流用して加工無しで取り付けが可能となっています。

画像8: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像9: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像10: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード
画像11: インナーチューブをフルカバーで守る、YZ用ガード

今回フォークガードを制作した泰平技研では部品加工やプラスチック金型設計・製造、金型修理、レーザー溶接など幅広く取り扱っております。
●株式会社泰平技研 
●代表取締役:杉野泰平
●E-mail:taihei@triton.ocn.ne.jp

画像: 純正フォークカバーと比較

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.