2020年2月15日、日本のダートバイク界を揺るがす歴史的な日を迎えた。下田丈の、スーパークロスデビューである。「レースが終わってから、ラーメンを食べに行ったんです。ガイコのフーディを着てたからか、知らない人に声をかけられて、いまさっきスーパークロスを走ったことを話したら、めちゃくちゃ盛り上がって…ラーメンをおごってもらいました。アメリカらしいな、と思ったし、日本でもそのくらいモトクロスで盛り上がってくれたらいいな、と思ったんです」と下田。弱冠17歳、どこまでも前向きな下田の直撃インタビューをおとどけしよう。

画像: 下田丈が語る、スーパークロスデビューを終えて
「毎年、チャンピオンを狙っていく」もちろん今年も…

同世代で決勝に残ったのは、下田だけだった
その下田は、初年度からタイトルを狙う

「他のライダーは、ケガが多かったですね。イーストで出る予定だった、ピアース・ブラウンは事前の練習でケガ。フランスからきたブライアン・モローも開幕でケガ。ジャレク・スウォルは、予選に通りませんでした。スウォルは、特にアマチュア時代の勝率も高かったのですが、スーパークロスの準備は間に合わなかったのかも」と下田は言う。

画像: 夕日に照らされる、ガイコホンダのパドック。いよいよ決戦の時が迫る

夕日に照らされる、ガイコホンダのパドック。いよいよ決戦の時が迫る

北米でアマチュアモトクロスを戦うライダーは、いきなりスーパークロスにプロデビューするわけではない。例をあげると、下田の場合はモンスターエナジーカップのためにトレーニングを積んでいる。彼らスーパールーキーからすれば、「プロのスーパークロスは、フープスもある」程度の違いなのだそうだ。目が慣れていない我々からすると、そのフープスの深さは尋常では無く、ジャンプの尖り方もすさまじい。

画像: 激深のフープス! かなり丁寧に直すのが、スーパークロス流

激深のフープス! かなり丁寧に直すのが、スーパークロス流

事前情報の記事にも書いたことだが、下田はパワーランキング8位。スウォルはここに入ってこない。底力が、評価されているのだ。

画像: トップ10入り、13pt。下田の初戦

トップ10入り、13pt。下田の初戦

「どうなんですかね、走ってみて10位、まぁ…」と下田は言葉を濁す。自分の立ち位置は、肌感覚で理解しているが、あまりその辺に「興味がなさそうな返事」をする。

画像: ロクスンのような、ヒーローとよべる存在になりたい。下田の思いは、ライダーとしてのスタイルに指向する

ロクスンのような、ヒーローとよべる存在になりたい。下田の思いは、ライダーとしてのスタイルに指向する

下田は言う。
「いつまでにチャンピオンを獲りたい、なんて考えはなくて…、1年1年を大切にしていきたい。今年だって、チャンピオンを狙っています。だから、ケガはしたくない。今後もですが、開幕戦は特にその思いが強かったですね」と。アマチュア時代から、実は下田はケガをしないことが一つの長所だった。クレバーであり、歩みを止めずに成長することの、「強さ」を知っているのだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.