via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

セロー250は、ツーリングでも、プレイライドでも、なんでもこなせるマルチなところも名車と呼ばれる所以。そのマルチさは「誰にでも乗れる」ってところも大事な要素だ。このたびダートフリークが提案するのは、「ガールズセロー」。31mm下げた車高だけでなく、細かな気遣いはセローモディファイのお手本になる。

画像: 足付きバンザイなセロー250。ダートフリークが放つガールズセットアップ

ダートフリーク
セロー250『 オフロード女子仕様 』

画像1: ダートフリーク セロー250『 オフロード女子仕様 』

キーモディファイは、リンクで下げた車高。ノーマルでギリギリ足が付くライダーでも、タイヤのチョイスや、「やりたいこと」が変わってくると、もう少し余裕が欲しくなることも。リンクで車高を下げると、サスペンションの初期部分が柔らかくなり、後半部分で急に固くなりがちなのだが、特に乗り慣れていないライダーなら、その特性もメリットになることが多い。

画像2: ダートフリーク セロー250『 オフロード女子仕様 』

タイヤは、セローユーザーに多いIRCツーリストを装着、タイヤハイト自体が高いため、足付きを少しスポイルしてしまうが、車高を下げていれば相殺できるわけだ。

画像3: ダートフリーク セロー250『 オフロード女子仕様 』

フロントサスペンションには、ZETAのイニシャルアジャスターを装着して柔らかめに。また、突き出しを出すことで、ローダウン化。

画像4: ダートフリーク セロー250『 オフロード女子仕様 』

ローダウンすると、サイドスタンドがあわなくなるが、ここもZETAで専用パーツ「鍛造アルミキックスタンド」がリリースされている(ノーマル比-25mm)。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.