赤・青・紫のカラーチョイスにもこだわりが

画像1: 赤・青・紫のカラーチョイスにもこだわりが

ハンドルバーを始めZETA製を多く採用しており、ハンドルもバランスを取りやすいように少し切って野崎さんに合わせてあります。

画像2: 赤・青・紫のカラーチョイスにもこだわりが

野崎さんは紫色が特に好きで、好きな色を視界に入れることで俄然やる気になりますとの事。

画像3: 赤・青・紫のカラーチョイスにもこだわりが

青いハンドルに冴えるレッドバーエンド。エンド自体もスロットルに合わせて動きます。

画像: くるくるバーエンド www.youtube.com

くるくるバーエンド

www.youtube.com

エンドが動くメリットは、エンドが固定タイプの物だと強い衝撃が加わった時に内部に押されてしまい、スロットルの動きが悪くなるのを防ぐためです。マディでスロットルが戻ってこないって経験をした方もいるのでは? 

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.