モデル、ライター、旅人、パーソナルトレーナーと多くの顔をもち、アウトドアをこよなく愛してやまない山下晃和さんは、生粋のセロリスト。セローってトレールマシンの中でも足つき性の良いマシンですが、高身長ライダーにとってはちょっとつらい箇所もチラホラ…。そこで、山下さんに、どうやって高身長にフィットさせているのか聞きました!
画像1: 180cmオーバーのモデル山下晃和が、どうやってセローをてなづけたか

山下さんの相棒は2013年式のセロー250。2014年からセローに乗り始めもう7年と長い付き合い。スクリーンとリアキャリアがあるためツーリングセローに見えますが、車体はノーマルのセローです。山下さんが相棒として選んだ理由は「セローはキャンツーに特化したオフ車だと思います、街中はもちろん高速道路、ダートとどこでも走れるオールマイティなバイクですね。特に僕はアウトドアが大好きなので、バイクとしてもキャンプギアとしても優秀なものだと思いますよ」とのこと。

山下さんのプチアウトドアはこちらをチェック

足が窮屈にならないための、シートカスタム。なんとその上げ量4cm!

画像1: 足が窮屈にならないための、シートカスタム。なんとその上げ量4cm!

山下さんは183cmと身長が高く、シート・ステップ間の距離が窮屈に…。山下さんが好きなロングライドでは、ヒザが曲がり過ぎてしまい、痛みがでてきてしまうのです。そんな問題を解決するためにミサイルファクトリー製の特注ハイシートに変更、ノーマルと比べてなんと4cmアップしています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.