ご存じの方も多いだろうが、この5年ほどでオフロードヘルメットは新たな世代へ突入している。そのキーになるのが、フローティングする、あるいはフレキシブルなレイヤーを持つライナーだ。ざくっと言ってしまえば、衝撃を受けたときにライナーが動ける隙間を作っておくことで、衝撃をいなしてくれる。この新世代ヘルメットたちは脳震盪をおこしづらく、ヒートでの早期復帰が望めると評判だ。今回日本にやってきたのは、モトクロスの中心地アメリカで育ったBELLのハイエンドヘルメット。もちろん、このフローティングシステム「フレックスシステム」がモノを言う。

画像: 究極のオフロードヘルメットが、やってきた

BELL
MOTO-9 FLEX ヘルメット
スレイコー

価格: ¥93,500(¥85,000)
品番: M:7118293 / L:7118294 / XL:7118295
規格: Snell M2015規格 適合
MFJ公認レース可 (レース専用 公道使用不可)
重量: 1.52kg(Mサイズ測定)

超軽量のコンポジットカーボンシェルは、重くなりがちなスネル規格を通しながらも約1.5kgと軽量。加えて、前述したフレックスシステムが、新世代の衝撃吸収を発揮。

画像: Moto-9 FLEX Tech Video | Bell Helmets youtu.be

Moto-9 FLEX Tech Video | Bell Helmets

youtu.be
画像1: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット スレイコー

あらゆる速度で衝撃吸収をするという、3層のライナーに加えて…

画像2: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット スレイコー

回転エネルギーを吸収するフローティングシステムが搭載。

画像3: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット スレイコー

エクステリアは、カーボンの織り目を主張しながら、マットな質感でデザイン。原色の多い90sテイストなウエアにも、FASTHOUSEのようなシックなウエアにもマッチする。それもそのはず、このモデルは、現代フリースタイラー(と呼ぶべきではないと思えるほど、「フリー」スタイル)なアクセル・ホッジスレプリカ。スレイコーは、SLAY Coというホッジスのブランドのことだ。

画像4: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット スレイコー

エアインテーク/角度調節機能付きのフライングブリッジバイザーに、最大限の通気効果が得られるVFV(ベロシティ フロー ベンチレーション)システム。

画像5: BELL MOTO-9 FLEX ヘルメット スレイコー

当然ながら、ヘルメットバッグつき。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.