ピックアップ野郎たちからすれば、マツダといえばプロシード。使い勝手の良い車高の低さや、サイズ感がオフロードバイク乗りからも好評だった。このたび発表されたのは、イスズからOEM供給をうえてマツダ顔で販売されるBT-50。

画像1: マツダがピックアップを発表、日本での展開なるか

デビューは2006年で、各国にて販売。この2020年にフルモデルチェンジとなった。デザインもマツダの「鼓動」を継承。

画像2: マツダがピックアップを発表、日本での展開なるか

2020年後半より、オーストラリアから販売予定とのこと。

画像3: マツダがピックアップを発表、日本での展開なるか

高級感溢れる、マツダ特有の内装が羨ましい。

全長×全幅×全高5,280mm×1,870mm×1,790mm
ホイールベース3,125mm
最小回転半径6.1m
乗車定員5名
最大積載量1,065kg
トーイング能力3,500kg
タイヤ265/60R18
3.0Lディーゼル
エンジン
排気量2,999cc
最高出力140kW〈190PS〉/3,600rpm
最大トルク450N·m/1,600-2,600rpm

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.