サス、フレームもリファイン。エンジン回りを見直した

画像1: サス、フレームもリファイン。エンジン回りを見直した

このタイミングで、フレームも見直しをかけた。エンジンクレードルチューブの薄さと、エンジンマウントを変更し、ハンドルクランプや、アクスルも変更。新たなレベルのハンドリングを提供するとのこと。特性としては“SMOOTHER”になったようだ。

画像2: サス、フレームもリファイン。エンジン回りを見直した

その“SMOOTHER”を支える形で、サスペンションセッティングも見直し。より優れたトラクション性能を生み出す。

画像3: サス、フレームもリファイン。エンジン回りを見直した

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.