油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く

画像1: 油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く
画像2: 油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く

カワサキのように機構自体を変更しているわけではないが、一新されたクラッチは、スプリングを強化するだけでなく、フリクションプレートを1枚増やして8枚にし、強化された。

 

画像3: 油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く

また、長年Team HRCに採用されていた油圧クラッチがついに採用。

画像4: 油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く
画像5: 油圧へチェンジして引きを軽く、システムを見なおして27%強く

クラッチレバーの引きの軽さは、20モデル比でかなり軽くなっている。クラッチを全体的に容量を増やして強化したことをカバーする目的もあって油圧クラッチを投入したものと考えられるが、つまりは中低速、あるいは高回転域でも大幅にパワーアップしたことが最終的に油圧クラッチ化につながった…ということだろうか。

この世代は、おそらく後世に「ナロー」と呼ばれるに違いない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.